スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2TB化 ざくっとした手順(^_^;)

もともとうちのLS-CHLの交換前の状態

500GBのLS-CH500L
ファーム:Ver.1.24
telnet可能な状態

これを今回は最近1万円を切って話題の、WDの2TBのHDDに換装を計画!!

まぁ、たまたま東京出張があって、購入できただけなんですけど(^_^;)

で、2TB化に必要なもの

1.LS-CHL(Ver.1.10)
2.WESTERN DIGITAL WD20EARS 8,480円(7/24購入)
3.+ドライバー
4.uImage.buffaloとinitrd.buffalo (いろいろ入手方法があるらしいが、私はVer.1.10の/bootからコピー)
5.パソコン
6.ファームVer.1.10のアップデータ
7.tftpソフト
8.壊れても諦められる気持ち

以上。ネットで2TBに換装出来た情報を上手く見つけることが出来ず心配になりながらも実行!!


すべて揃ったところで、 LinkStation/玄箱 をハックしようを参考に早速作業開始。

1.がんばってLS-CHLの殻を割る。そして、さくっと爪が折れる・・・

2.HDDを2TBの物に付け替える

3.パソコンのIPアドレスを192.168.11.*に
  tftpサーバを起動し、4.のファイルがあるフォルダを設定
  LS-CHLは、ネットワークブートの時、IPアドレスを192.168.11.*に設定?

4.LS-CHLの電源を入れる。

5.LEDが赤色点滅するので、Funcを押すと青点滅に変わる。
  tftpサーバからブート用のファイルを取っていき、DHCPからIPアドレスを取得し、しばらくすると青色点灯に

6.PCのIPアドレスをDHCP取得か、元のIPアドレスに戻す。

7.ファームVer.1.10のアップデータを実行するとLS-CHLを見つけ、ハードディスクを初期化して、アップデートするか聞いてくるので「はい」をクリック

8.あとは、じっと待つのみ。上手くいけば10分~20分ぐらいで終わる

*ルータのDHCP機能を有効にしている場合の手順です。無効にしている場合は、

と、他のホームページ、ブログ等で紹介している通りやっただけです(^_^;)

あとは、再度LS-CHLをtelnet可能な状態にし、抜いた500GBをUSBで接続して、元のデータのコピーをすれば完了!!
スポンサーサイト

LS-CHL(Ver.1.34) Telnet設定

2TB化成功に調子をこいて最新ファーム(Ver.1.34)でTelnet有効に出来るかチャレンジ!!

参考にしているharley750さんのところでは、LS-XHLで、Ver.1.31までの記事しかないがダメ元で試すことに!!

2TB化時に、Ver.1.10にダウングレード。

で、Ver.1.10の中から必要なファイル(libshadow.so)を抜き出しておく

そこから一気に最新のファーム(Ver.1.34)へ

後は、harley750さんのところの「ファーム1.26その2」を参考に設定

なんとかtelnetを有効に出来ました。

そして、rootのパスワードもはじめからクリアされてました。

Ver.1.10からだとそうなるのでしょうか?

わかりませんが、私は、パスワードのクリア作業は必要ありませんでした~

最終的にはsshにしたかったんですが、知識不足でよく分からず・・・

誰か教えてください(^_^;)


最後に、harley750さんのブログに大感謝!!


LS-XH1.0TL
LS-CH1.0TL


LS-CHLのHDD換装(2TB化)

今一万円を切っているWESTERN DIGITAL WD20EARSを使ってLS-CHLの2TB化に成功

もともと500GBのモデルだったので、容量が4倍に!!

外した500GB用のHDDケースが欲しいです

詳しくは、また(^_^;)

参考にしたのはこちら LinkStation/玄箱 をハックしよう


Amazon検索
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。